« 2017年7月 | トップページ

2017年10月 1日 (日)

最近のピカピカなレストア車は楽しい?

昨年からの1年間は相応の忙しさになり、工場の満車が続いてご迷惑をおかけしております。

大きな修理事案にかかりきりが多く、合間には難しい修理が続き、まだまだ勉強が不足していることを痛感しております。

やっかいとか面倒な修理というのは、修理する人間の能力不足ですが、複雑で難しい修理、部品が無い困難な修理という、いずれにしろ時間がかかる修理はおもしろいものがあります。

ちまたのレストア中古車であれば、全塗装してモールメッキをなんとかして、内装を張り替えれば完了ということですし、配線もそれなりに取替してあればフルレストアとして販売されています。

やはり見た目にはかないません。

それらの車両の修理では、あらゆることが起きています。

オイル漏れや、12V仕様変更による電装品、時計、メーターの不良などはやさしい方です。

356のドア周りの組み立てをもう一度やり直すとか、全部が同じ色で配線されてしまった一本ずつを抜き挿ししながら、引きなおすなどは、原因がわかっていても時間が大量にかかります。

なかには一目でわかる不具合もでてきますが・・・

Rimg2827

Rimg2828フルレストア済みの356の燃料フィルターがサビで詰まっています。

燃料フィルターは床下に置くほうが正解なので、しかも500円のフィルターですから、燃料タンクを取替するより安くて正解かもしれません。

Rimg2987

Rimg2988ピカピカの356ボディですが前トランクフードが引っかかります。 ロックが外れないのは修理済みのロック爪の変形でした。

こちらの原因はロック機構とわかりますが、一目ではその不良箇所がわかりません。 レストア済みで溶接跡があり、きれいに塗装されています。

左の銀色が見本用の在庫のオリジナルで、右側の不良も見た目はほとんど同じですが、きちんとくらべればダメな箇所が見えてきます。

そもそも見本がないと正確な修理が難しい例でした。

Rimg3083

Rimg3101
こちらは原因から探していくので時間がかかる修理です。

356と911の電動サンルーフギアです。 よく似ていますが別物です。 組み立て不良でサンルーフがなめらかに動かないのは、よくてがける修理です。

下の写真で左のギアのそばにあるスプリングワッシャが原因で他にもいろいろ影響していました。 代替部品も分解図も修理書もありませんから、なかなか困難な修理でした。

原因がワッシャ一1枚とは、トホホです。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ