« 雨とガソリンの季節 | トップページ | 356ホリディに参加しました »

2016年10月16日 (日)

ポルシェのオリジナルナンバー?

今年、平成28年4月より自動車の前後ナンバーの規制がきびしくなっています。

前ナンバーを外す、折り曲げは当然ながら透明でもカバー類を禁止しており、違反は50万円以下の罰金ですからご注意ください。

実は車検制度ではカバーは禁止になっていないので、車検は通ったけれど、その日に違反で捕まるということがあるので、こちらもご注意ください。

356などのディーラー車で昭和の時代にナンバーを取得した車はナンバーのステーにも厳しい制限がありました。

こんな頑丈なのが付いていたら昭和登録です。

日本オリジナル仕様でディーラーが特製で作らせていたステーで、垂直にナンバーが立っています。

Rimg1276
このわけは、リアナンバーにはライセンスライト(ナンバー照明灯)が付かないといけませんが、さらに「夜間、後方20メートルから視認できること」という条件がつくことです。

多少の斜めでも見えるだろう、という上申は通らなかった時代、「垂直に」ナンバーを取り付けて視認性を向上させて車検がいただける時代でした。

さらに「確実な取り付け」も規定されていましたので、ナンバー支持ステーは頑丈であり、下部には曲がり防止(曲げるのも防止)するために、「つめ」が出ています。

こちらは1970年911の前ナンバーステー。

しっかりと作られた日本オリジナル・ナンバーステーで下部の「つめ」付きです。

Rimg1308
下の写真は1977年登録の911のリアナンバーです。

ステーを介して取り付けているので、ご覧の通り「曲げること」はできません。

Rimg1304

現在では「垂直」も「曲げ防止のつめ」も規制されていません。 

997では下の写真のようにステーの「つめ」もなく、直接付いてるだけです。

Rimg1305
356でも現在はシンプルなステーで取り付けできます。

Rimg1301

しかし、この先の時代は違います。

5年後からは「取り付け角度」にも規制がかかり、下向き45度は確実に捕まります。

ナンバーをかっこう良くつけたい方には自由がありましたが、今後は十分に検討の余地がありますね。

|

« 雨とガソリンの季節 | トップページ | 356ホリディに参加しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨とガソリンの季節 | トップページ | 356ホリディに参加しました »