« ボッシュ なみだ目 オリジナルヘッドライト球 6V 45/40W | トップページ | 平成28年9月 佐藤自動車工業所ホームページの移転 »

2016年7月 5日 (火)

オイルフィルターは大事でしょう

正月明けから、いろいろと忙しくしているうち、すでに七夕ですね。 今年の本七夕は8月9日ですから、明後日の天気が曇っても、彦星には2度目のチャンスがあるぞ、と応援したいです。 

そういえば火星も一時のにぎわいでしたが、♪今はもうだれも~♪ですね。 毎日、南の空にきれいに光っているのに、隣の土星と一緒に光っているのに。

忘れられることは多々あるようで、356のオイルフィルターも部品リストでさびしい扱いです。

1953年プリAのリストでは存在しません。 ファンハウジングの穴にご注意です。 皆さんのエンジンのフィルター位置にあるはずの穴さえ開いていません。 1952年頃から1500ccエンジンで正式採用のはずですが。

Rimg0776
次に発行されたリストはいきなり55年の3分割エンジンです。

Rimg0777
ようやく穴が開きました。 さらにオイルフィルターもリストに入りました。

おめでとう! オイルフィルター!

Rimg0778
自信ありげな立ち姿という感じですが、よく見るとフィルターのフタのボルトがおまけのようにフタの上に描いてあるだけで、部品番号がありません。 フィルター本体の番号だけです。

しかもフィルター本体の番号は1個だけ、実際は3種類なのに、さらに年式別を考え、当社の在庫のタンク形状の違いを考えると10種類以上あるでしょう。

こんな細かいことは問題ないと判断すると、とても困ったことが起きてきます。

Rimg0786
今回は右から2番目、黒色に塗られたフィルターボルトを探しました。

左端、オリジナル・刻印なし 左2番目、オリジナル・刻印付き 右端、レプリカボルトの4種類です。

実際に探すのは、これだけの種類の中からさがします。

Rimg0780
フラム、Hフィルター、MANNとあるのですが、番号が無い部品がこんだけ採用されていると、現場はたまったものじゃありません。

最初に大事にしないから、とグチも出ます。

Sany8553
上の写真で、こうやって現在までオリジナルのままのタンクもあり、50年前のステッカーがきれいだなと思います。

|

« ボッシュ なみだ目 オリジナルヘッドライト球 6V 45/40W | トップページ | 平成28年9月 佐藤自動車工業所ホームページの移転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボッシュ なみだ目 オリジナルヘッドライト球 6V 45/40W | トップページ | 平成28年9月 佐藤自動車工業所ホームページの移転 »