« 356プリAから初期の356Aタイプへ | トップページ | 56年からのAタイプはキーの玉手箱やで »

2010年12月31日 (金)

プリAから356Aのキー変更とスペアキー

1956年式356Aタイプ登場でエンジンキーが変わりました。 それまでの「ボタン式」セルモーター始動スイッチから、現代式のセルモータースイッチ内臓式、いわゆる普通のキーに変わります。しかしながらエンジンキーとドアキーは別々です。

1957年T-2モデルからはまたもや変更で、ドアキーも変わり、エンジンキーとドアキーが共通に変わります。 ドアハンドルの角型から丸型に変わった時点で、シリンダーの形状を変更して、エンジンキーと同一になったわけです。

Sany4380

写真上側が新型の丸みのあるハンドル、下が角型ハンドル

このときにシリンダー形状とその受け側であるロックシリンダー内臓のノブの形状も変わり、まったく違うキーを使うことになりました。下写真はプリAの角型ノブ。

Sany4381

こちらの下の写真は丸型ハンドルのノブでまったく違い互換性はありません。

Sany4382

プリAから1956年Aタイプ初期までのドアキーは共通です。下の写真はドイツ製のスペアキーでファクトリーキーにはメーカーの名前がはいりません。

Sany4389

エンジンキーはプリAから56年に変更で、次の57年も違います。 ~55、56、57~.の3年間に3種類のエンジンキーがあるという、やはり、56年から57年にかけてはまたもや、ややこしいキーの設定になっています。下の写真は55年までのプリA用のドイツ製スペアキーです。

Sany4393_2

ここで以前に質問をいただいたこともあるロックシリンダーの写真です。 下の写真は角型のハンドルに57年式以後のシリンダーが付いています。 数台を見たことがあるのですが、パーツリストに登場しない、謎のハンドルです。 おそらく57年のT-2前後だと思うのですが、取替がどこかでなされているのか、新車からなのか???

Sany0057

56年までのドアキーとT-2以後のキーを並べてみると長さの違いと、わずかな溝の違いがあり、よく似ていますが共通ではありません。

Sany4398

それとキー溝に位置についていえば、356のドアシリンダーはロック状態が縦になります。 プリAとT-6以後の356ではこのとおりで間違いないく、開放状態では横になるのが一般的ですが、これもロック状態が横の356を、特にAタイプに多く見ることがあります。 どちらが正解なのか・・・ 

まだまだ、この世の謎は続くので、いろいろな356をもっと見ないといけません。 そういえばJFKの資料は生きているうちに見ることは出来そうもないし・・・

ちなみに宣伝ですが、スペアキー作成を始めました。 ドイツ製のスペアキーを使用してオリジナルの雰囲気のキーにされてはいかがでしょう。 ご用命ください。

1957年以後の356キーはポルシェマークの入る純正品を用意しております。

国産キーカット共2.000円 

純正キーベースのみ4.800円 ドイツ製スペアベースのみ3.500円 カット800円~

キーナンバーによるスペアキー作成 特注 6.000円~

ドアキー分解による左右シリンダー合わせ 特注 20.000円~

Sany4396

国産キーも在庫がありますので非常時のスペアキーとして保管用にいかがでしょうか。

本年もありがとうございました。新年度もよろしくお願いいたします。

|

« 356プリAから初期の356Aタイプへ | トップページ | 56年からのAタイプはキーの玉手箱やで »

コメント

お世話様です。
"角型のハンドル+T2シリンダー"の件ですが、先ほどハンドルを外し確認しました。
ハンドルのフック部に、K180Rと刻印がありました。
内部の形状は、丸型ハンドルと同形状でした。
推測ですが、T2シリンダー移行時の試作品??ですかね。・・
来年も宜しくお願いします。

投稿: バスタブ | 2010年12月31日 (金) 19時03分

ネットを見て回って拝見しました。キーシリンダーもややこしいんですね^^;

投稿: ポルシェ | 2011年1月 1日 (土) 07時52分

あけましておめでとうございます。

深い深い世界…

今年もよろしくおねがいします。

スペアキーは 早々に お願いすることになりそうです。よろしくお願いいたします。

投稿: 356 | 2011年1月 2日 (日) 10時27分

356さん、今年もよろしくお願いいたします。ホリディでお会いしましょう。それ以前に会えたら嬉しいですね。ありがとうございました。

投稿: 山五郎 | 2011年1月 3日 (月) 16時11分

バスタブさん
今年もよろしくお願いいたします。
K180Rは右側、助手席のハンドルとキー番号になります。
シリンダー直径はプリAも新型Aタイプも同サイズですが、キーシリンダのツメの幅が違い、新型が狭いツメ幅のため、簡単な移植では角型に入れた丸型の新シリンダーはガタつくはずです。 さらに回転角度もプリAは180°、A新型は90°回しですから、角型用ノブなのに内部のミゾ幅が狭い、新型シリンダー用に作られているなら、過渡期にあっただろう製品だと思います。56年のいつからT-2以前のいつまで作ったんでしょうね。

ポルシェさん、
キーは簡単ではないですね。911も69年の過渡期にもサイズが微妙に長いキーがありました。
いやはやです。\(^◇^)/

投稿: 山五郎 | 2011年1月 3日 (月) 17時03分

ポルシェ 356B T5 ボデーです。
スペアキーの作成をお願いしたいと思います。
当方から 現在のキーと宅急便の当方宛送り状、代金(国産キーカット共2.000円) を
送付致しますので スペアキーを作成して 返送していただけますでしょうか?
納期はどれぐらいかかるでしょうか?
当方 名古屋です
宜しくお願いいたします
加藤

投稿: 加藤 敬明 | 2014年7月 3日 (木) 21時34分

こんにちは。
スペアキー作成は1日程度です。
注文はメールで連絡ください。
QYV00260@nifty.com
お待ちしております。
T-5とT-6の一部の純正キーはスペアキーが
はまらない場合があります。
ごく細いミゾの純正シリンダーのためですが、
その場合は現車にあわせてキーのヤスリがけが必要です。
ご注意ください。

投稿: 山五郎 | 2014年7月 4日 (金) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 356プリAから初期の356Aタイプへ | トップページ | 56年からのAタイプはキーの玉手箱やで »