« 世界遺産候補 | トップページ | 燃料メーターの変更T-5からT-6 »

2009年3月 5日 (木)

T5からT6ステアリングの変更

356T-5の生産は1959年9月から始まり、1960年モデル(当時のドイツは9月から新型・翌年度形式)からの発売でした。このT-5は61年モデルまでの、たった2年間の生産です。(1959年9月~1961年9月)

T-6ボディと呼ばれる356Bタイプ後期モデルは1961年9月から62年モデルとして発売されました。 こちらも1963年7月に356Cタイプ・最終型に変わるまで、2年間生産されました。 いずれも2年間ずつ、合計4年間がBモデルの生産時期でしたが、356の生産台数はこの時期にピークを迎えたので、(Cタイプは1963年に911を発表しちゃったから売れずに少ない)一番生存数が多いのはBモデルです。

T-6ボディは、外観はほとんどそのまま、1963年7月からのCタイプに引き継がれますが、その細部のディティールはかなりの変更があります。 外観ではなく内部変更になるので、パッと見るだけではディスクブレーキの変更しか見えませんが。

T-5からT-6の変更で(T6からCタイプも)ダッシュパネルも大きく変更されました。 ワイパースイッチやコンビメーターのような細かい点も興味深いのですが、ステアリングの変更が有名で、指摘されないと気づきにくい変更なので紹介いたします。

Sany4514 こちらは356B初期型T5のダッシュパネルです。 初めに、こんな左半分だけの一枚の写真でも、356のタイプを見分ける、いくつかのポイントがあるので追加で説明します。

まず、ノブの色は「40年の間に誰かに」変更されているかもしれないし、有名な59年式のように混ぜこぜもあるので、初めは無視します。 また、356の場合、ノブのような簡単な付け替え部品には特に注意です。 ただし356Aタイプではベージュ系の3色(黄色・灰色・青灰)ですが、356B・T5以後はすべて黒色です。

最初の判断で、小さなワイパースイッチの位置がキーの上側なので、ここは356BT5とAタイプだけが位置が同じですから、AかT5となります。 このワイパースイッチの位置は、後日の改造でも変更されることが少なく、さらに年式で違いが大きいので、参考になります。

Sany2003T6のBでは、ワイパーはダッシュ右側でラジオ上の中型ノブになっています。 Cタイプでは写真のように下側の灰皿の隣に移ります。

また、プリAではワイパー位置は近いけどスイッチの数が違い、そもそもコンビメーター無しです。

写真のコンビメーターだけではAタイプ(1958~59)とT5は同じデザインなので見分けは難しいです。 ただしT6以後は燃料計の指針の文字位置が違うのでわかりやすい(今度説明します)です。

一番目立つステアリングはT5のステアリングです。 このステアリングは取り付けるシャフトサイズ(スプラインの数も)が、A以前とB以後でまったく違いますし、この改造もされることが少ないので、B以後の356と判断してかまわないでしょう。

Sany4519 (左側のAタイプのステアリングも3色ありますが、右側のアルミホイル風に重ねたB以後のステアリングは黒色で、スポークもまったく違います)

以上からすると、ワイパースイッチの位置、コンビメータの種類、ステアリングの種類、及びノブの黒色から判断して、T5のダッシュパネルと判断できます。

肝心なT5とT6以後のステアリングの見分けですが、写真を紹介します。

Sany4515 スポークの取り付く部分裏側の形状がそれぞれ違っています。 こちらの平らなゆるい曲がり方がT5のステアリングで、違いは表側から見てもすぐにわかるはずです。

Sany4516 上側に乗せてある、絞りのあるスポークがT6以後のステアリングで表から見てもすぐにわかるはずです、ってさっき言いましたっけ。失礼。 

このスポークが変更されたことは有名ですが、何故なのかの説明は聞いたことがありませんので、くわしく説明できないので、申し訳ありません。 しかし、ステアリングの曲げ強度で考えればT6以後のステアリングが「強いだろう」ことは見たとおりです。 

いっそ曲げてしまえば真実がわかるのですが・・・

(^ _ ^ ;

|

« 世界遺産候補 | トップページ | 燃料メーターの変更T-5からT-6 »

コメント

初めまして、インターメカニカ356に純正のハンドルを付けたいのですが、つきますか。又お値段はどのくらいですか?

投稿: 正岡 久 | 2014年2月15日 (土) 11時28分

こんにちは。
インターメカニカのステアリングシャフトによります。
VWのスプラインのはずなので、そのVWの年式により付く可能性がありますが・・・
なので、適合ははっきり言うとわかりません。
356純正の新品ステアリングはレアパーツで定価は無くレプリカも無いです。なんとか探してください。
(^_^)

投稿: 山五郎 | 2014年2月15日 (土) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界遺産候補 | トップページ | 燃料メーターの変更T-5からT-6 »